ホーム企画展 美人競 びじんくらべ -やまとなでしこからモダンガールへ- Comparing Beauty – From the Traditional Ideal Japanes Woman -

2016年10月1日(土)~12月25日(金)

美人競 びじんくらべ -やまとなでしこからモダンガールへ- Comparing Beauty – From the Traditional Ideal Japanes Woman -

美人画は、浮世絵の題材として最も古くから描かれ、その時代における理想の女性像を描いたものでした。中でも江戸中期の美人画の天才、喜多川歌麿は女性の特徴や境遇までとらえていました。そして、幕末から近代にかけて新版画運動が始まると同時にモダンで活き活きとした美人画が生まれ、伝統の技と美を継承しています。 

Bijin-ga (portraiture of beautiful women) is the oldest subject of ukiyo-e, which portrayed the ideal female image according to the time period.Among this artwork, in the middle of the Edo Period, a genius of bijin-ga, Kitagawa Utamaro, captured the characteristics and circumstances of women. Also, from the end of the Edo Period until modern times, at the same time that the shin-hanga (new type of woodblock print) movement was starting, a new modern and lively bijin-ga was born, inheriting traditional skill and beauty.

深水

旧

新

↑