Musée des Ukiyo-e du Japan ミシュラン・グリーンガイド2つ星

2015年7月4日~9月27日 国芳の妖怪変化 妖美、妖艶の世界 Kuniyoshi’s Monstrous Apparitions Voluptuous Beauty, Bewitching World

 

歌川国芳は妖怪や変化を描いた作品を多く残しました。中でも西洋風の巨大な骸骨を描いた「相馬の古内裏」はよく知られています。これは平将門の残党の物語に取材したものです。今回は金毛九尾の狐として知られる玉藻の前を中心とした狐、酒吞童子・土蜘蛛といった変化のものや将門や藤原純友の残党の妖術と戦う源頼光とその家臣、源平合戦、豪傑たちの化け物退治を中心に妖怪変化、歌舞伎 ...続きを読む

↑